麻酔科専門医再認定申請について

麻酔科専門医再認定申請について

麻酔科専門医(以下専門医)は、「認定制度細則麻酔科専門医に関する細則」に則って
審査されます。手続きにあたり、下記要領に従って申請して下さい。
なお、下線の部分の申請書類はダウンロードできます。

申請要領

申請資格

[基準1] 1)専門医資格喪失後満5年以上経過した者で、再認定申請時に麻酔科認
       定医資格を有しており、かつ満3ヶ月以上麻酔科関連業務に専従<*注>
       していること。
       2)申請する年の5年前の4月1日から申請する年の3月31日までに、所定の
       研究実績(50単位)があること。
[基準2] 1)専門医資格喪失後満5年未満の者で、再認定申請時に麻酔科認定医を有していること。
       2)申請する年の5年前の4月1日から申請する年の3月31日までに、
        日本麻酔科学会が主催する学術集会への参加実績があること。
       3)専門医資格喪失後から申請時までに、日本麻酔科学会が主催する
        リフレッシャーコースの参加実績があること。あるいは受講予定であること。

※認定医資格を喪失した場合は、認定医取得後、申請する年の3月31日までに
満1年以上麻酔関連業務に専従した上で申請可とします。

※2010年より麻酔科専門医新規認定で「AHA-ACLS受講修了」が必須と
なったことに伴い、麻酔科専門医再認定の実技試験でも、
「AHA-ACLS受講修了」が義務化されます。
2010年からは、必ずAHA-ACLS受講を修了してから実技試験を受験して下さい。
詳しくは、下記「申請手続きに必要なもの」内リンク、「心肺蘇生法普及活動 について
【BLS,ACLS講習会】」でご確認ください。

*注...専従とは以下に掲げる業務に週3日以上携わっていることをいい、業務に
    従事する施設は複数にわたることができます。
     ただし、基礎的研究にのみ従事している期間は除きます。

  (1) 周術期における麻酔管理に関する臨床または研究
  (2) 疼痛管理に関する臨床または研究
  (3) 集中治療部、救急施設等における重症患者の管理に関する臨床または研究
  (4) 中央手術部業務
    ※研究(国内・海外留学)に携わっている場合は、研究内容の説明(任意様式)・
     在籍証明書・研究業績(論文のコピー等)を提出してください。

申請の受付期間

毎年5月1日~6月30日 消印有効

申請手続に必要なもの

1) 専門医再認定申請書
2) 職務経歴書のコピー
  ・医師免許取得後から申請時現在に至る経歴(医師免許取得後10年以上
   経過している方は、直近10年間の経歴)の記載と、施設長の署名と公印の
   捺印が必要です。
  ・施設長が勤務当時と申請時現在で異なる場合は、申請時現在における
   当該施設の施設長の署名と公印の捺印で結構です。
  ・ご自身が施設長の場合は、自署の上、公印を捺印して下さい。
  注)職務経歴書における公印の捺印は、全て施設の公印になります。
3) 麻酔経歴書のコピー
  ・医師免許取得後から申請時現在に至る経歴(医師免許取得後10年以上
   経過している方は、直近10年間の経歴)の記載と、麻酔科責任者の署名と
   捺印が必要です。
  ・麻酔科責任者が勤務当時と申請時現在で異なる場合は、申請時現在に
   おける当該施設の麻酔科責任者の署名と捺印で結構です。
  ・ご自身が麻酔科責任者の場合は、施設長の署名と捺印が必要です。
4) 臨床実績報告書(各年度、各施設毎に作成したもの
  ・臨床実績報告書には麻酔科責任者の署名が必要です。ご自身が麻酔科責任者の場合は、
   自署して下さい。ただし、ご自身が麻酔科責任者であっても非常勤の場合は施設長の署名と
   して下さい。
   〔基準1〕申請する年の1月1日から申請する年の3月31日までの実績を記載して下さい。
   〔基準2〕提出の必要はありません。
   〔認定医を喪失した場合〕認定医を喪失した場合は、〔基準1〕〔基準2〕にかかわらず
  認定医資格取得後の実績を記載して下さい。
5) 専門医実績目録のコピー
  ・専門医実績目録については、記入要領を詳しくお読み下さい。
  ・専門医実績目録には、実績証明書類のコピーを添付して下さい。
   [基準1]申請する年の5年前の4月1日から、申請する年の3月31日までの
      実績を記載して下さい。
   [基準2]①日本麻酔科学会主催の学術集会への参加:
      申請する年の5年前の4月1日から申請する年の3月31日までの実績を
      記載して下さい。
      ② リフレッシャーコース受講単位:
      資格喪失後から申請時までの実績を記載して下さい。
6) 受験票・写真票
  ・受験票・写真票については両方に氏名を記入し、性別に〇をつけて下さい。
  ・写真票には専門医再認定申請書に貼付したものと同一の写真を貼付して下さい。
   (複数年にわたり受験をされる方は、受験票・写真票を事務局からお取り寄せ
   下さい。)
7) 申請する年の5年前の4月1日から申請する年の3月31日までに発行された
  「AHA-ACLSまたはAHA-PALSプロバイダーカードのコピー」、あるいは
  「当該ITCが発行したAHA-PALSまたはAHA-PALSプロバイダーコース受講終了を
  証明するもの」
  詳しくは、下記リンク「心肺蘇生法普及活動について【BLS,ACLS講習会】」で、
  ご確認ください。

*原本が必要なのは、1)の「申請書」と6)の「受験票・写真票」のみです。
  その他の書類の原本は、お手元に保管しておいて下さい。

*職務経歴・麻酔経歴がない期間や麻酔科関連業務に専従できない期間に
  ついては、申請者の署名・捺印による理由書を添付して下さい。理由書の
  様式は下記「関連書類:別紙① 職務経歴書 について」を参照して下さい。


審査の方法

[基準1]①筆記試験、②口頭試験、③実技試験の3科目で審査します。
       必要に応じて実地試験を行います。
[基準2]②口頭試験、③実技試験の2科目で審査します。

審査料

審査料は受験科目ごとに10,000円です。『生涯教育ハンドブック』に同封されている所定の振込用紙の専門医新規審査料部分に○を付けて余白部分に「再認定」と記載して払い込んで下さい。(ハンドブックをお持ちでない方は、お手数ですが学会事務局に振込用紙をご請求下さい。)

提出方法

任意の封筒をお使いいただき、必ず、『専門医再認定申請用』と朱書きの上、原則として簡易書留もしくは宅配便でご送付下さい。

登録手続

[基準1]は3科目,[基準2]は2科目すべてに合格された方は、認定審査委員会
委員長からの認定通知受領後、専門医登録料10,000円を払い込んで下さい。
専門医登録料の払込を確認後、年度末に認定証を送付します。
登録日は、全科目合格した年度の翌年度4月1日となります。

試験について

1. 試験日
原則毎年10月の第1金曜日、土曜日、日曜日に行いますが、試験運営の都合上日程が前後することがあります。

2. 受験科目の選択
・筆記試験、口頭試験および実技試験の受験順序は、自由に選択できます。
・同一年に複数科目の受験も可能です。
 ただし,科目ごとの受験日を自由に選択することはできません。

3. 合格科目の有効期限
合格科目の有効期間は、最初の合格科目の合格年から4年間です。
例えば、2007年の筆記試験に合格された方は、2011年までに口頭試験、
実技試験の両方に合格しなければ、2007年の筆記試験の合格は無効になります。

4. 受験票、受験案内について
試験一ヶ月前頃に、受験票と受験案内を送付します。宅配便で学会誌発送先に
お送りしますので、勤務先等を変更された際は学会ホームページの会員サイトで
修正して下さい。

申請書類記入要領

1. 申請書

1) 会員番号:日本麻酔科学会からの送付物の宛名シールに記載されています。
         もしくは学会ホームページの名簿を確認して下さい。
2) 電話番号:市外局番から記入して下さい。

2. 臨床実績報告書([基準1]、認定医を喪失した場合)

臨床実績報告書には麻酔科責任者の署名が必要です。 ご自身が麻酔科責任者の場合は、自署して下さい。ただし、ご自身が麻酔科責任者であっても非常勤の場合は施設長の署名として下さい。
臨床実績報告書については、申請する年の1月1日から3月31日までの
記録分を提出して下さい.
ペインクリニックの場合は、1患者を1症例とします.
集中治療の場合は、1患者の主な疾患の術後管理を1症例とします.。

3. 専門医実績目録

単位については上記の【参考)単位表(2016/11/25版)】のPDFファイルをご参照下さい。

[基準1]
1) 更新に必要な研究実績は50単位です。
 *これには以下に掲げる25単位の実績を含まなければなりません。
 ①日本麻酔科学会が主催する年次学術集会への参加(必須)............15単位
 ②日本麻酔科学会が主催する学術集会等への参加
   日本麻酔科学会が主催する学術集会等での発表
   日本麻酔科学会の機関誌、準機関誌への発表
   いずれかによる10単位

2) 不足する単位は上記の単位表に掲げる学術集会への参加ならびに発表、および
  学術出版物への発表による実績を加算して下さい。
  単位表に掲げられている学術集会、学術出版物等に発表したときは、
  以下に記載する単位を算定できます。
・ 筆頭発表者は単位表に掲げる単位をそのまま取得できます。
・ 筆頭発表者以外の発表者の単位は、単位表に掲げる単位を筆頭発表者を含む
  発表者全員の数で割った数値(小数点以下第2位を四捨五入)とします。
  
[基準2]
1)日本麻酔科学会主催の学術集会への参加による実績
 ・必要単位数は、資格喪失後から申請時までの経過年数(小数点切捨)×10単位
  です.
 ・ただし,資格喪失後1年未満の場合も、参加実績10単位は必要です.

2)リフレッシャーコース受講の実績・・・・・・3講義(以上)
 ・資格喪失から申請時までに,日本麻酔科学会が主催するリフレッシャーコース参加
  単位3講義以上を取得していること.あるいは、申請時に受講予定であること.
 (申請時に受講予定の場合は、受講後に受講証明書のコピーを提出して下さい.)

4. 実績証明書類(コピーを送付のこと)

・ 学術集会への参加:当該学会の参加証.なお、日本麻酔科学会年次集会の
              参加証については、2006年度以降発行しておりません。
              事務医局でデータ確認いたしますので、参加証のコピー添付の
              必要はありません.

・ 学術集会への発表:抄録
 注)証明書類として抄録と学術集会の名称、回、会期が確認できるもの(抄録の表紙またはHP)を併せてご提出ください。

・ 学術出版物への発表:当該論文のコピーまたは別刷
 注)証明書類として論文のコピーの場合、出版物の名称、発行日、号が確認できるものを併せてご提出ください。

※実績目録の番号〔1--(1)、1--(2)、2--(1)、2--(2)、3--(1)、3--(2)...〕を
 右上に記載し、番号順に重ねて左上をホッチキスで留めて下さい。

提出・問い合わせ先

〒 650-0047  兵庫県神戸市中央区港島南町1丁目5番2号
神戸キメックセンタービル3階
公益社団法人 日本麻酔科学会認定審査委員会
TEL 078-335-6078 FAX 078-306-5946



lastupdate20161212

このページの先頭へ