WEBからの認定申請について

2011年度より、WEBからの認定申請を行います。下記ご確認いただき、会員専用サイト『Datura』から申請してください。
申請方法はWEBに変更になりましたが、記入していただく内容、必要書類、審査基準に変更はありません。
申請内容は、各種認定申請に関する細則及び要領に記載されています。詳細は「定款及び規程・細則」ページをご確認ください。


WEB申請開始スケジュール

下記スケジュールは変更になる場合があります。その場合はニュース等でアナウンスいたしますので、ご確認ください。

認定医新規2012年4月1日から
認定医更新2012年9月1日から
認定医再認定2013年4月1日から
専門医新規2012年5月1日から
専門医更新2012年9月1日から
専門医再認定2013年5月1日から
指導医新規2012年7月1日から
指導医更新2012年9月1日から
認定資格辞退 未定
認定病院新規未定
認定病院更新2013年9月1日から
認定病院代表専門医変更  2013年4月から
認定病院病院情報変更2013年4月から
認定病院辞退 2013年4月から

WEB申請の方法

認定医新規申請

こちらのPDFをご覧ください。


申請に関するお問い合わせ

以下のメールフォームからお問い合わせください。
WEB申請問い合わせフォーム


WEB申請FAQ



認定医新規申請

Q0001:Web申請の開始にあたり、何らかの措置はありますか?(2012/3/29up)
A0001:
◆申請方法について
Web申請開始後は、現行と同じ申請書類の提出のみでの申請は受付いたしません。必ずWeb画面からの申請を行い、作成した申請書類を学会事務局宛に郵送して提出してください。
麻酔経歴・職務経歴の証明印については、原則Webから印刷した書面に頂いてください。
◆申請書類の取り扱いについて
麻酔経歴・職経経歴の書類について、既に現行の書面で作成している場合は、作成済みの書類をお使いいただけるようにいたします。詳しくは、次の質問でご確認ください。

Q0002:既に麻酔経歴書・職務経歴書に証明印を頂いています。Webから印刷した書面にもう一度押し直してもらう必要がありますか?(2012/5/24更新)
A0002:いいえ。その場合はWebから印刷した書面には証明印不要、提出不要です。既に証明印を頂いている書面の写しを提出してください。

Q0003:研修期間も職務経歴・麻酔経歴に入力しないといけないのですか?(2012/3/29up)
A0003:はい。医師免許取得日からの経歴を全て入力してください。医師免許取得日から10年以上経っている方は10年前から入力してください。

Q0004:職務経歴・麻酔経歴を医師免許取得日から入力しないといけませんが、画面に入力開始日と表示されている医師免許取得日が誤って登録されています。修正したいのですが。(2011/3/29up)
A0004:事務局で修正を行いますので、正しい医師免許取得日を、上記「WEB申請問い合わせフォーム」からご連絡ください。

Q0005:1つの病院に所属しながら、複数の病院で研修を行っていたのですが、職務経歴・麻酔経歴はどのように入力すればよいですか?(2012/3/29up)
A0005:職務経歴には、所属していた病院をお書きいただき、印刷した書面にも所属していた病院の証明印を頂いてください。麻酔経歴には、実際に麻酔業務に従事していた病院・診療科をお書きいただき、印刷した書面にも実際に麻酔業務に従事していた病院・診療科の証明印を頂いてください。

Q0006:麻酔経歴画面で、職務経歴画面との同期を行うと、麻酔経歴の修正ができません。また職務経歴の修正もできません。同期後に職務経歴・麻酔経歴を修正するにはどうしたらよいですか?(2012/3/29up)
A0006:同期したままで麻酔経歴・職務経歴の修正はできません。職務経歴と麻酔経歴に少しでも違いがある場合は、麻酔経歴画面の各行にある「同期解除」ボタンを押して、同期を解除してから修正してください。

Q0007:審査料はどのように支払えばよいですか?(2012/3/29up)
A0007:申請完了画面に引き続き表示される審査料支払画面からお支払いください。Webからの支払いと郵便振込用紙での支払いが二重で行われた場合、過入金分は年会費に振替させていただきます。

Q0008:Webからの入金と郵便振込用紙での入金をどちらも行ってしまいました。どうなりますか?(2012/3/29up)
Q0009:郵便振込用紙で審査料または登録料を多く支払ってしまいました。どうなりますか?(2012/3/29up)
A0008、0009:過入金分は年会費に振替させていただきます。

Q0010:申請完了後に入力内容に間違いを発見しました。どうしたらよいですか?(2012/5/24更新)
A0010:申請が完了するとWebからの変更はできません。手元にある書面の原本を手書きで修正し、訂正印を押してFAXしてください。
訂正印は、下記のとおりとしてください。
・経歴書...個人印
・職務経歴書...施設公印
・麻酔経歴書...麻酔科代表者印
上記と異なる押印の場合(例えば職務経歴書、麻酔経歴書の訂正印として個人印を押印した場合など)は、再度書類の提出をお願いすることになります。
入力内容は審査に関する全ての手続きが完了してから変更が可能になります。変更方法の詳細は、認定証を送付する際にご連絡いたします。

Q0011:標榜医申請中ですが、認定医の申請はできますか?(2012/3/29up)
A0011:はい。標榜医許可日欄に「1900/01/01」、標榜医番号欄に「0」と入力し、印刷した送付書の「標榜医申請中」にチェックを入れて送ってください。標榜医許可証が届き次第、速やかにコピーをFAXしてください。審査は標榜医許可証コピーが届き次第行います。

Q0012:「認定申請入力」のボタンを押すと、年会費支払の画面が開きます。年会費を支払う前に認定申請を行いたいのですが。(2012/4/27up)
Q0013:年会費のコンビニ決済を選択すると、WEB認定申請が行えません。どうしたらよいですか?(2012/4/27up)
A0012・A0013:当該年度までの年会費を支払わずに認定申請を行うことはできません。クレジット決済またはコンビニ決済で年会費を支払ってから、認定申請を行ってください。
コンビニ決済の場合、申込から払込用紙到着までに1週間程度、さらにコンビニ支払いから支払い完了となるまでに1週間程度かかります。認定申請期限間際に申請を行う場合に年会費支払を行う場合は、必ずクレジット決済を行ってください。
コンビニ決済を選択されて認定申請期限までに申請が行えなかったとしても、一切の猶予措置は講じませんのでご注意ください。

Q0014:Webから書面を出力しようとすると、PDFファイルが出力されません。開くと文字化けしたテキストファイルになっています。保存したファイルの拡張子が「aspx」となっています。どうしたらPDFファイルが出力できますか?(2012/5/8up)
A0014:保存したファイルの拡張子を「aspx」から「pdf」に変更してください。
※拡張子の表示方法
ファイルを保存したフォルダを開く→ツール→フォルダオプション→表示タブ→詳細設定の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す→OKボタンを押す
※拡張子の変更方法
保存したファイルのアイコンを右クリック→名前の変更→ファイル名が四角で囲まれ文字反転するので、一度カーソルを動かして反転を外す。ファイル名最後の「aspx」を消し、「pdf」に書き換える。(aspxの前の「.」は消さない)

Q0015:提出必要書類送付書を送付する必要はありますか。(2012/5/24up)
A0015:はい。申請書類と合わせて送付してください。

Q0016:提出必要書類送付書に記載されている書類送付期限内に書類を提出することができません。どうしたらよいですか?(2012/5/24up)
A0016:申請を希望する審査会の申請書類の締切りまでにご提出ください。各審査会の申請書類の締切りは下記のとおりです。
・第1回審査会(4月1日認定):3月31日消印有効
・第2回審査会(7月1日認定):6月30日消印有効
・第3回審査会(10月1日認定):9月30日消印有効
・第4回審査会(1月1日認定):12月31日消印有効

Q0017:Q0016の申請書類締切り当日にWeb申請を行った場合(例:第1回審査会のWeb申請を3月31日に行った場合)、書類はいつまでに提出すればよいですか。(2012/5/24up)
A0017:書類の締切りはWeb申請後10日目の消印有効です。(例:Q0016の例の場合、4月10日消印有効)この期限までに申請書類を提出しない場合は、Webで申請した審査会の申請としては認められませんのでご注意ください。


専門医新規申請

Q1001:「認定申請入力」のボタンを押すと、年会費支払の画面が開きます。年会費を支払う前に認定申請を行いたいのですが。(2012/4/27up)
Q1002:年会費のコンビニ決済を選択すると、Web認定申請が行えません。どうしたらよいですか?(2012/4/27up)
A1001、1002:当該年度までの年会費を支払わずに認定申請を行うことはできません。クレジット決済またはコンビニ決済で年会費を支払ってから、認定申請を行ってください。
コンビニ決済の場合、申込から払込用紙到着までに1週間程度、さらにコンビニ支払いから支払い完了となるまでに1週間程度かかります。認定申請期限間際に申請を行う場合に年会費支払を行う場合は、必ずクレジット決済を行ってください。
年会費支払いの関係で認定申請期限までに申請が行えなかったとしても、一切の猶予措置は講じませんのでご注意ください。

Q1003:Web申請の開始にあたり、何らかの措置はありますか?(2012/4/27up)
A1003:
◆申請方法について
Web申請開始後は、現行と同じ申請書類の提出のみでの申請は受付いたしません。必ずWeb画面からの申請を行い、作成した申請書類を学会事務局宛に郵送して提出してください。
麻酔経歴・職務経歴・臨床実績報告書の証明印については、原則Webから印刷した書面に頂いてください。
◆申請書類の取り扱いについて
職務経歴等の書類について、既に現行の書面で作成している場合は、作成済みの書類をお使いいただけるようにいたします。詳しくは、次の質問でご確認ください。

Q1004:既に麻酔経歴書・職務経歴書に証明印を頂いています。Webから印刷した書面にもう一度押し直してもらう必要がありますか?(2012/5/24更新)
A1004:いいえ。その場合はWebから印刷した書面には証明印不要、提出不要です。既に証明印を頂いている書面の写しを提出してください。
※臨床実績を入力していない場合、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができません。その場合は、手書きの麻酔経歴書・臨床実績報告書の写しのみをご提出いただき、提出時に「臨床実績の入力をしていないため、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができなかった」とのメモを付記してください。

Q1005:既に臨床実績報告書を作成しています。Webに入力し直す必要がありますか?(2012/4/27up)
Q1006:JSAPIMS(麻酔台帳)を利用して臨床実績報告書の作成を行います。Webに入力し直す必要がありますか?(2012/4/27up)
A1005、1006:可能であれば入力し直してください。入力が難しい場合は、既に作成済の書類の写しまたはJSAPIMSより出力した書類の写しをご提出ください。

Q1007:既に実績目録を作成しています。Webに入力し直す必要がありますか?(2012/5/8更新)
A1007:可能であれば入力し直してください。入力が難しい場合は、既に作成済の書類の写しをご提出ください。
※臨床実績を入力していない場合、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができません。その場合は、手書きの麻酔経歴書・臨床実績報告書の写しのみをご提出いただき、提出時に「臨床実績の入力をしていないため、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができなかった」とのメモを付記してください。

Q1008:研修期間も職務経歴・麻酔経歴・臨床実績報告を入力しないといけないのですか?(2012/4/27up)
A1008:はい。医師免許取得日からの経歴を全て入力してください。

Q1009:職務経歴・麻酔経歴を医師免許取得日から入力しないといけませんが、画面に入力開始日と表示されている医師免許取得日が誤って登録されています。修正したいのですが。(2012/4/27up)
A1009:事務局で修正を行いますので、正しい医師免許取得日を、上記「WEB申請問い合わせフォーム」からご連絡ください。

Q1010:1つの病院に所属しながら、複数の病院で研修を行っていたのですが、職務経歴・麻酔経歴はどのように入力すればよいですか?(2012/4/27up)
A1010:職務経歴には、所属していた病院をお書きいただき、印刷した書面にも所属していた病院の証明印を頂いてください。麻酔経歴には、実際に麻酔業務に従事していた病院・診療科をお書きいただき、印刷した書面にも実際に麻酔業務に従事していた病院・診療科の証明印を頂いてください。

Q1011:麻酔経歴画面で、職務経歴画面との同期を行うと、麻酔経歴の修正ができません。また職務経歴の修正もできません。同期後に職務経歴・麻酔経歴を修正するにはどうしたらよいですか?(2012/4/27up)
A1011:同期したままで麻酔経歴・職務経歴の修正はできません。職務経歴と麻酔経歴に少しでも違いがある場合は、麻酔経歴画面の各行にある「同期解除」ボタンを押して、同期を解除してから修正してください。

Q1012:麻酔経歴の画面で、臨床実績入力ボタンが押せません。なぜですか?(2012/4/27up)
A1012:従事状況で「研究のみ」を選択している場合、及び麻酔経歴の期間が申請年度の5年前の4月1日以前である場合は臨床実績の入力不要です。

Q1013:1年間の間に、週3日以上臨床業務に従事していた期間と週3日未満の期間があります。その場合、臨床実績はどのように記載すればよいですか?(2012/4/27up)
A1013:一番少ない日数を選択し、症例数は年間の数字を入力してください。書類送付時に、別紙理由書で、1年間の間に、週3日以上臨床業務に従事していた期間と週3日未満の期間があったことと、いつからいつまでが週何日であったかという詳細を記載して、申請者の署名・捺印と、麻酔科代表者の署名・捺印を付記してください。

Q1014:画面上部に赤字でエラーメッセージが表示されていますが、どの項目にエラーがあるのかが分かりません。(2012/4/27up)
A1014:エラーになっている入力欄は背景が赤色になっています。画面の大きさによっては隠れている場合がありますので、上下左右にスクロールしてください。

Q1015:審査料はどのように支払えばよいですか?(2012/4/27up)
A1015:申請完了画面に引き続き表示される審査料支払画面からお支払いください。Webからの支払いと郵便振込用紙での支払いが二重で行われた場合、過入金分は年会費に振替させていただきます。

Q1016:Webからの入金と郵便振込用紙での入金をどちらも行ってしまいました。どうなりますか?(2012/4/27up)
Q1017:郵便振込用紙で審査料または登録料を多く支払ってしまいました。どうなりますか?(2012/4/27up)
A0016、0017:過入金分は年会費に振替させていただきます。

Q1018:申請完了後に入力内容に間違いを発見しました。どうしたらよいですか?(2012/5/24更新)
A1018:申請が完了するとWebからの変更はできません。手元にある書面の原本を手書きで修正し、訂正印を押してFAXしてください。
訂正印は、下記のとおりとしてください。
・経歴書...個人印
・職務経歴書...施設公印
・麻酔経歴書・臨床実績報告書...麻酔科代表者印
上記と異なる押印の場合(例えば職務経歴書、麻酔経歴書の訂正印として個人印を押印した場合など)は、再度書類の提出をお願いすることになります。
入力内容は審査に関する全ての手続きが完了してから変更が可能になります。変更方法の詳細は、認定証を送付する際にご連絡いたします。

Q1019:麻酔経歴書・臨床実績書を出力すると、医師免許取得日~5年前の4月1日までの期間について、臨床実績報告書が臨床実績「0」で出力されます。5年前の4月1日以前の臨床実績報告書も提出が必要ですか?(2012/5/8up)
A1019:臨床実績が必要な期間は、申請年5年前の4月1日から申請年の3月31日までですので、それ以前の臨床実績報告書については提出不要です。麻酔経歴は医師免許取得日から申請日現在までご提出ください。

Q1020:麻酔経歴書・臨床実績報告書の出力ができません。なぜですか?(2012/5/8up)
A1020:申請時に臨床実績を入力していない場合、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができません。その場合は、手書きの麻酔経歴書・臨床実績報告書の写しのみをご提出いただき、提出時に「臨床実績の入力をしていないため、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができなかった」とのメモを付記してください。

Q1021:Webから書面を出力しようとすると、PDFファイルが出力されません。開くと文字化けしたテキストファイルになっています。保存したファイルの拡張子が「aspx」となっています。どうしたらPDFファイルが出力できますか?(2012/5/8up)
A1021:保存したファイルの拡張子を「aspx」から「pdf」に変更してください。
※拡張子の表示方法
ファイルを保存したフォルダを開く→ツール→フォルダオプション→表示タブ→詳細設定の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す→OKボタンを押す
※拡張子の変更方法
保存したファイルのアイコンを右クリック→名前の変更→ファイル名が四角で囲まれ文字反転するので、一度カーソルを動かして反転を外す。ファイル名最後の「aspx」を消し、「pdf」に書き換える。(aspxの前の「.」は消さない)

Q1022:提出必要書類送付書を送付する必要はありますか。(2012/5/24up)
A1022:はい。申請書類と合わせて送付してください。

Q1023:提出必要書類送付書に記載されている書類送付期限内に書類を提出することができません。どうしたらよいですか?(2012/5/24up)
A1023:6月30日消印有効で提出してください。

Q1024:申請の対象年度以外の臨床実績報告書が印刷されますが、提出する必要がありますか?(2012/6/12up)
A1024:提出する必要はありません。

Q1025:会員カードで登録した参加単位を確認するにはどうしたらよいですか。(2012/8/30up)
A1025:「学術単位目録作成画面」でご確認ください。参加登録を受け付けた年次学術集会、支部学術集会、リフレッシャーコース、関連学会の学術集会については名称が表示され、内容も修正できないよう設定しております。これらの単位については証明書の提出は不要です。
年次学術集会についてのみ、Datura内の「会員情報照会画面」で過去の出欠状況を表示しています。「認定情報」をご確認ください。


指導医新規申請

Q2001:「認定申請入力」のボタンを押すと、年会費支払の画面が開きます。年会費を支払う前に認定申請を行いたいのですが。(2012/6/27up)
Q2002:年会費のコンビニ決済を選択すると、Web認定申請が行えません。どうしたらよいですか?(2012/6/27up)
A2001、2002:当該年度までの年会費を支払わずに認定申請を行うことはできません。クレジット決済またはコンビニ決済で年会費を支払ってから、認定申請を行ってください。
コンビニ決済の場合、申込から払込用紙到着までに1週間程度、さらにコンビニ支払いから支払い完了となるまでに1週間程度かかります。認定申請期限間際に申請を行う場合に年会費支払を行う場合は、必ずクレジット決済を行ってください。
年会費支払いの関係で認定申請期限までに申請が行えなかったとしても、一切の猶予措置は講じませんのでご注意ください。

Q2003:Web申請の開始にあたり、何らかの措置はありますか?(2012/6/27up)
A2003:
◆申請方法について
Web申請開始後は、現行と同じ申請書類の提出のみでの申請は受付いたしません。必ずWeb画面からの申請を行い、作成した申請書類を学会事務局宛に郵送して提出してください。
麻酔経歴・職務経歴・臨床実績報告書の証明印については、原則Webから印刷した書面に頂いてください。
◆申請書類の取り扱いについて
職務経歴等の書類について、既に現行の書面で作成している場合は、作成済みの書類をお使いいただけるようにいたします。詳しくは、次の質問でご確認ください。

Q2004:既に麻酔経歴書・職務経歴書に証明印を頂いています。Webから印刷した書面にもう一度押し直してもらう必要がありますか?(2012/6/27up)
A2004:いいえ。その場合はWebから印刷した書面には証明印不要、提出不要です。既に証明印を頂いている書面の写しを提出してください。
※臨床実績を入力していない場合、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができません。その場合は、手書きの麻酔経歴書・臨床実績報告書の写しのみをご提出いただき、提出時に「臨床実績の入力をしていないため、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができなかった」とのメモを付記してください。

Q2005:既に臨床実績報告書を作成しています。Webに入力し直す必要がありますか?(2012/6/27up)
Q2006:JSAPIMS(麻酔台帳)を利用して臨床実績報告書の作成を行います。Webに入力し直す必要がありますか?(2012/6/27up)
A2005、2006:可能であれば入力し直してください。入力が難しい場合は、既に作成済の書類の写しまたはJSAPIMSより出力した書類の写しをご提出ください。
※臨床実績を入力していない場合、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができません。その場合は、手書きの麻酔経歴書・臨床実績報告書の写しのみをご提出いただき、提出時に「臨床実績の入力をしていないため、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができなかった」とのメモを付記してください。

Q2007:既に実績目録を作成しています。Webに入力し直す必要がありますか?(2012/6/27up)
A2007:可能であれば入力し直してください。

Q2008:1つの病院に所属しながら、複数の病院で研修を行っていたのですが、職務経歴・麻酔経歴はどのように入力すればよいですか?(2012/6/27up)
A2008:職務経歴には、所属していた病院をお書きいただき、印刷した書面にも所属していた病院の証明印を頂いてください。麻酔経歴には、実際に麻酔業務に従事していた病院・診療科をお書きいただき、印刷した書面にも実際に麻酔業務に従事していた病院・診療科の証明印を頂いてください。

Q2009:麻酔経歴画面で、職務経歴画面との同期を行うと、麻酔経歴の修正ができません。また職務経歴の修正もできません。同期後に職務経歴・麻酔経歴を修正するにはどうしたらよいですか?(2012/6/27up)
A2009:同期したままで麻酔経歴・職務経歴の修正はできません。職務経歴と麻酔経歴に少しでも違いがある場合は、麻酔経歴画面の各行にある「同期解除」ボタンを押して、同期を解除してから修正してください。

Q2010:麻酔経歴の画面で、臨床実績入力ボタンが押せません。なぜですか?(2012/6/27up)
A2010:従事状況で「研究のみ」を選択している場合、及び麻酔経歴の期間が申請年度の5年前の4月1日以前である場合は臨床実績の入力不要です。

Q2011:1年間の間に、週3日以上臨床業務に従事していた期間と週3日未満の期間があります。その場合、臨床実績はどのように記載すればよいですか?(2012/6/27up)
A2011:一番少ない日数を選択し、症例数は年間の数字を入力してください。書類送付時に、別紙理由書で、1年間の間に、週3日以上臨床業務に従事していた期間と週3日未満の期間があったことと、いつからいつまでが週何日であったかという詳細を記載して、申請者の署名・捺印と、麻酔科代表者の署名・捺印を付記してください。

Q2012:画面上部に赤字でエラーメッセージが表示されていますが、どの項目にエラーがあるのかが分かりません。(2012/6/27up)
A2012:エラーになっている入力欄は背景が赤色になっています。画面の大きさによっては隠れている場合がありますので、上下左右にスクロールしてください。

Q2013:審査料はどのように支払えばよいですか?(2012/6/27up)
A2013:申請完了画面に引き続き表示される審査料支払画面からお支払いください。Webからの支払いと郵便振込用紙での支払いが二重で行われた場合、過入金分は年会費に振替させていただきます。

Q2014:Webからの入金と郵便振込用紙での入金をどちらも行ってしまいました。どうなりますか?(2012/6/27up)
Q2015:郵便振込用紙で審査料または登録料を多く支払ってしまいました。どうなりますか?(2012/6/27up)
A2014、2015:過入金分は年会費に振替させていただきます。

Q2016:申請完了後に入力内容に間違いを発見しました。どうしたらよいですか?(2012/6/27up)
A2016:申請が完了するとWebからの変更はできません。手元にある書面の原本を手書きで修正し、訂正印を押してFAXしてください。
訂正印は、下記のとおりとしてください。
・経歴書...個人印
・職務経歴書...施設公印
・麻酔経歴書・臨床実績報告書...麻酔科代表者印
上記と異なる押印の場合(例えば職務経歴書、麻酔経歴書の訂正印として個人印を押印した場合など)は、再度書類の提出をお願いすることになります。
入力内容は審査に関する全ての手続きが完了してから変更が可能になります。変更方法の詳細は、認定証を送付する際にご連絡いたします。

Q2017:麻酔経歴書・臨床実績報告書の出力ができません。なぜですか?(2012/6/27up)
A2017:申請時に臨床実績を入力していない場合、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができません。その場合は、手書きの麻酔経歴書・臨床実績報告書の写しのみをご提出いただき、提出時に「臨床実績の入力をしていないため、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができなかった」とのメモを付記してください。

Q2018:Webから書面を出力しようとすると、PDFファイルが出力されません。開くと文字化けしたテキストファイルになっています。保存したファイルの拡張子が「aspx」となっています。どうしたらPDFファイルが出力できますか?(2012/6/27up)
A2018:保存したファイルの拡張子を「aspx」から「pdf」に変更してください。
※拡張子の表示方法
ファイルを保存したフォルダを開く→ツール→フォルダオプション→表示タブ→詳細設定の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す→OKボタンを押す
※拡張子の変更方法
保存したファイルのアイコンを右クリック→名前の変更→ファイル名が四角で囲まれ文字反転するので、一度カーソルを動かして反転を外す。ファイル名最後の「aspx」を消し、「pdf」に書き換える。(aspxの前の「.」は消さない)

Q2019:提出必要書類送付書を送付する必要はありますか。(2012/6/27up)
A2019:はい。申請書類と合わせて送付してください。

Q2020:申請の対象年度以外の臨床実績報告書等が印刷されますが、提出する必要がありますか?(2012/6/27up)
A2020:提出する必要はありません。

Q2021:提出必要書類送付書に記載されている書類送付期限内に書類を提出することができません。どうしたらよいですか?(2012/7/9up)
A2021:9月30日【消印有効】で提出してください。

Q2022:8月31日にWeb申請を行った場合、書類はいつまでに提出すればよいですか。(2012/7/2up)
A2022:8月31日にWeb申請を行った場合、申請書類は10日後の9月10日【消印有効】です。この期限までに申請書類を提出しない場合は、Webで申請した審査会の申請としては認められませんのでご注意ください。

Q2023:指導実績単位目録の臨床指導実績と医師指導実績はどのように申請すればよいですか。(2012/7/2up)
A2023:臨床指導実績と医師指導実績は、単位数のみ入力が可能です。単位の算出にはそれぞれ「臨床実績算定表」「医師指導実績算定表」を参照してください。また、申請に際しては、算定表のコピーを必ず添付してください。(算定表は、各施設の麻酔科責任者が作成する書類で、原則1施設に1枚の書類です。必要な場合は、麻酔科責任者から入手してください。)

Q2024:指導実績単位目録の教育実績と社会活動実績はどのように申請すればよいですか。(2012/7/2up)
A2024:入力画面に従い、必要項目を入力してください。また申請に際しては、証明書類を添付してください。(証明書類については、学会ホームページの申請案内でご確認ください。)

Q2025:会員カードで登録した参加単位を確認するにはどうしたらよいですか。(2012/8/30up)
A2026:「学術単位目録作成画面」でご確認ください。参加登録を受け付けた年次学術集会、支部学術集会、リフレッシャーコース、関連学会の学術集会については名称が表示され、内容も修正できないよう設定しております。これらの単位については証明書の提出は不要です。
年次学術集会についてのみ、Datura内の「会員情報照会画面」で過去の出欠状況を表示しています。「認定情報」をご確認ください。


認定医更新申請

Q0101:「認定申請入力」のボタンを押すと、年会費支払の画面が開きます。年会費を支払う前に認定申請を行いたいのですが。(2012/7/9up)
Q0102:年会費のコンビニ決済を選択すると、Web認定申請が行えません。どうしたらよいですか? (2012/7/9up)
A0101、0102:当該年度までの年会費を支払わずに認定申請を行うことはできません。クレジット決済またはコンビニ決済で年会費を支払ってから、認定申請を行ってください。
コンビニ決済の場合、申込から払込用紙到着までに1週間程度、さらにコンビニ支払いから支払い完了となるまでに1週間程度かかります。認定申請期限間際に申請を行う場合に年会費支払を行う場合は、必ずクレジット決済を行ってください。
年会費支払いの関係で認定申請期限までに申請が行えなかったとしても、一切の猶予措置は講じませんのでご注意ください。

Q0103:Web申請の開始にあたり、何らかの措置はありますか? (2012/7/9up)
A0103:
◆申請方法について
Web申請開始後は、現行と同じ申請書類の提出のみでの申請は受付いたしません。必ずWeb画面からの申請を行い、作成した申請書類を学会事務局宛に郵送して提出してください。
麻酔経歴・職務経歴の証明印については、原則Webから印刷した書面に頂いてください。
◆申請書類の取り扱いについて
麻酔経歴・職経経歴の書類について、既に現行の書面で作成している場合は、作成済みの書類をお使いいただけるようにいたします。詳しくは、次の質問でご確認ください。

Q0104:既に麻酔経歴書・職務経歴書に証明印を頂いています。Webから印刷した書面にもう一度押し直してもらう必要がありますか?(2012/7/9up)
A0104:いいえ。その場合はWebから印刷した書面には証明印不要、提出不要です。既に証明印を頂いている書面の写しを提出してください。

Q0105:1つの病院に所属しながら、複数の病院で研修を行っていたのですが、職務経歴・麻酔経歴はどのように入力すればよいですか?(2012/7/9up)
A0105:職務経歴には、所属していた病院をお書きいただき、印刷した書面にも所属していた病院の証明印を頂いてください。麻酔経歴には、実際に麻酔業務に従事していた病院・診療科をお書きいただき、印刷した書面にも実際に麻酔業務に従事していた病院・診療科の証明印を頂いてください。

Q0106:麻酔経歴画面で、職務経歴画面との同期を行うと、麻酔経歴の修正ができません。また職務経歴の修正もできません。同期後に職務経歴・麻酔経歴を修正するにはどうしたらよいですか?(2012/7/9up)
A0106:同期したままで麻酔経歴・職務経歴の修正はできません。職務経歴と麻酔経歴に少しでも違いがある場合は、麻酔経歴画面の各行にある「同期解除」ボタンを押して、同期を解除してから修正してください。

Q0107:画面上部に赤字でエラーメッセージが表示されていますが、どの項目にエラーがあるのかが分かりません。(2012/7/9up)
A0107:エラーになっている入力欄は背景が赤色になっています。画面の大きさによっては隠れている場合がありますので、上下左右にスクロールしてください。

Q0108:審査料はどのように支払えばよいですか?(2012/7/9up)
A0108:申請完了画面に引き続き表示される審査料支払画面からお支払いください。Webからの支払いと郵便振込用紙での支払いが二重で行われた場合、過入金分は年会費に振替させていただきます。

Q0109:Webからの入金と郵便振込用紙での入金をどちらも行ってしまいました。どうなりますか?(2012/7/9up)
Q0110:郵便振込用紙で審査料または登録料を多く支払ってしまいました。どうなりますか?(2012/7/9up)
A0109、0110:過入金分は年会費に振替させていただきます。

Q0111:申請完了後に入力内容に間違いを発見しました。どうしたらよいですか?(2012/7/9up)
A0111:申請が完了するとWebからの変更はできません。手元にある書面の原本を手書きで修正し、訂正印を押してFAXしてください。
訂正印は、下記のとおりとしてください。
・経歴書...個人印
・職務経歴書...施設公印
・麻酔経歴書...麻酔科代表者印
上記と異なる押印の場合(例えば職務経歴書、麻酔経歴書の訂正印として個人印を押印した場合など)は、再度書類の提出をお願いすることになります。
入力内容は審査に関する全ての手続きが完了してから変更が可能になります。変更方法の詳細は、認定証を送付する際にご連絡いたします。

Q0112:Webから書面を出力しようとすると、PDFファイルが出力されません。開くと文字化けしたテキストファイルになっています。保存したファイルの拡張子が「aspx」となっています。どうしたらPDFファイルが出力できますか?(2012/7/9up)
A0112:保存したファイルの拡張子を「aspx」から「pdf」に変更してください。
※拡張子の表示方法
ファイルを保存したフォルダを開く→ツール→フォルダオプション→表示タブ→詳細設定の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す→OKボタンを押す
※拡張子の変更方法
保存したファイルのアイコンを右クリック→名前の変更→ファイル名が四角で囲まれ文字反転するので、一度カーソルを動かして反転を外す。ファイル名最後の「aspx」を消し、「pdf」に書き換える。(aspxの前の「.」は消さない)

Q0113:提出必要書類送付書を送付する必要はありますか。(2012/7/9up)
A0113:はい。申請書類と合わせて送付してください。

Q0114:提出必要書類送付書に記載されている書類送付期限内に書類を提出することができません。どうしたらよいですか?(2012/7/9up)
A0114:10月31日【消印有効】で提出してください。

Q0115:10月31日にWeb申請を行った場合、書類はいつまでに提出すればよいですか。(2012/7/9up)
A0115:10月31日にWeb申請を行った場合、申請書類は10日後の11月10日【消印有効】までにご提出ください。この期限までに申請書類を提出しない場合は、Webで申請した審査会の申請としては認められませんのでご注意ください。

Q0116:会員カードで登録した参加単位を確認するにはどうしたらよいですか。(2012/8/30up)
A0116:「学術単位目録作成画面」でご確認ください。参加登録を受け付けた年次学術集会、支部学術集会、リフレッシャーコース、関連学会の学術集会については名称が表示され、内容も修正できないよう設定しております。これらの単位については証明書の提出は不要です。
年次学術集会についてのみ、Datura内の「会員情報照会画面」で過去の出欠状況を表示しています。「認定情報」をご確認ください。


専門医更新申請

Q1101:「認定申請入力」のボタンを押すと、年会費支払の画面が開きます。年会費を支払う前に認定申請を行いたいのですが。(2012/7/9up)
Q1102:年会費のコンビニ決済を選択すると、Web認定申請が行えません。どうしたらよいですか?(2012/7/9up)
A1101、1102:当該年度までの年会費を支払わずに認定申請を行うことはできません。クレジット決済またはコンビニ決済で年会費を支払ってから、認定申請を行ってください。
コンビニ決済の場合、申込から払込用紙到着までに1週間程度、さらにコンビニ支払いから支払い完了となるまでに1週間程度かかります。認定申請期限間際に申請を行う場合に年会費支払を行う場合は、必ずクレジット決済を行ってください。
年会費支払いの関係で認定申請期限までに申請が行えなかったとしても、一切の猶予措置は講じませんのでご注意ください。

Q1103:Web申請の開始にあたり、何らかの措置はありますか?(2012/7/9up)
A1103:
◆申請方法について
Web申請開始後は、現行と同じ申請書類の提出のみでの申請は受付いたしません。必ずWeb画面からの申請を行い、作成した申請書類を学会事務局宛に郵送して提出してください。
麻酔経歴・職務経歴・臨床実績報告書の証明印については、原則Webから印刷した書面に頂いてください。
◆申請書類の取り扱いについて
職務経歴等の書類について、既に現行の書面で作成している場合は、作成済みの書類をお使いいただけるようにいたします。詳しくは、次の質問でご確認ください。

Q1104:既に麻酔経歴書・職務経歴書に証明印を頂いています。Webから印刷した書面にもう一度押し直してもらう必要がありますか?(2012/7/9up)
A1104:いいえ。その場合はWebから印刷した書面には証明印不要、提出不要です。既に証明印を頂いている書面の写しを提出してください。
※臨床実績を入力していない場合、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができません。その場合は、手書きの麻酔経歴書・臨床実績報告書の写しのみをご提出いただき、提出時に「臨床実績の入力をしていないため、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができなかった」とのメモを付記してください。

Q1105:既に臨床実績報告書を作成しています。Webに入力し直す必要がありますか?(2012/7/9up)
Q1106:JSAPIMS(麻酔台帳)を利用して臨床実績報告書の作成を行います。Webに入力し直す必要がありますか?(2012/7/9up)
A1105、1106:可能であれば入力し直してください。入力が難しい場合は、既に作成済の書類の写しまたはJSAPIMSより出力した書類の写しをご提出ください。
※臨床実績を入力していない場合、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができません。その場合は、手書きの麻酔経歴書・臨床実績報告書の写しのみをご提出いただき、提出時に「臨床実績の入力をしていないため、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができなかった」とのメモを付記してください。

Q1107:既に実績目録を作成しています。Webに入力し直す必要がありますか?(2012/7/9up)
A1107:可能であれば入力し直してください。入力が難しい場合は、既に作成済の書類の写しをご提出ください。

Q1108:1つの病院に所属しながら、複数の病院で研修を行っていたのですが、職務経歴・麻酔経歴はどのように入力すればよいですか?(2012/7/9up)
A1108:職務経歴には、所属していた病院をお書きいただき、印刷した書面にも所属していた病院の証明印を頂いてください。麻酔経歴には、実際に麻酔業務に従事していた病院・診療科をお書きいただき、印刷した書面にも実際に麻酔業務に従事していた病院・診療科の証明印を頂いてください。

Q1109:麻酔経歴画面で、職務経歴画面との同期を行うと、麻酔経歴の修正ができません。また職務経歴の修正もできません。同期後に職務経歴・麻酔経歴を修正するにはどうしたらよいですか?(2012/7/9up)
A1109:同期したままで麻酔経歴・職務経歴の修正はできません。職務経歴と麻酔経歴に少しでも違いがある場合は、麻酔経歴画面の各行にある「同期解除」ボタンを押して、同期を解除してから修正してください。

Q1110:麻酔経歴の画面で、臨床実績入力ボタンが押せません。なぜですか?(2012/7/9up)
A1110:従事状況で「研究のみ」を選択している場合、及び麻酔経歴の期間が申請年度の5年前の4月1日以前である場合は臨床実績の入力不要です。

Q1111:1年間の間に、週3日以上臨床業務に従事していた期間と週3日未満の期間があります。その場合、臨床実績はどのように記載すればよいですか?(2012/7/9up)
A1111:一番少ない日数を選択し、症例数は年間の数字を入力してください。書類送付時に、別紙理由書で、1年間の間に、週3日以上臨床業務に従事していた期間と週3日未満の期間があったことと、いつからいつまでが週何日であったかという詳細を記載して、申請者の署名・捺印と、麻酔科代表者の署名・捺印を付記してください。

Q1112:画面上部に赤字でエラーメッセージが表示されていますが、どの項目にエラーがあるのかが分かりません。(2012/7/9up)
A1112:エラーになっている入力欄は背景が赤色になっています。画面の大きさによっては隠れている場合がありますので、上下左右にスクロールしてください。

Q1113:審査料はどのように支払えばよいですか?(2012/7/9up)
A1113:申請完了画面に引き続き表示される審査料支払画面からお支払いください。Webからの支払いと郵便振込用紙での支払いが二重で行われた場合、過入金分は年会費に振替させていただきます。

Q1114:Webからの入金と郵便振込用紙での入金をどちらも行ってしまいました。どうなりますか?(2012/7/9up)
Q1115:郵便振込用紙で審査料または登録料を多く支払ってしまいました。どうなりますか?
A0114、0115:過入金分は年会費に振替させていただきます。

Q1116:申請完了後に入力内容に間違いを発見しました。どうしたらよいですか?(2012/7/9up)
A1116:申請が完了するとWebからの変更はできません。手元にある書面の原本を手書きで修正し、訂正印を押してFAXしてください。
訂正印は、下記のとおりとしてください。
・経歴書...個人印
・職務経歴書...施設公印
・麻酔経歴書・臨床実績報告書...麻酔科代表者印
上記と異なる押印の場合(例えば職務経歴書、麻酔経歴書の訂正印として個人印を押印した場合など)は、再度書類の提出をお願いすることになります。
入力内容は審査に関する全ての手続きが完了してから変更が可能になります。変更方法の詳細は、認定証を送付する際にご連絡いたします。

Q1117:麻酔経歴書・臨床実績報告書の出力ができません。なぜですか?(2012/7/9up)
A1117:申請時に臨床実績を入力していない場合、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができません。その場合は、手書きの麻酔経歴書・臨床実績報告書の写しのみをご提出いただき、提出時に「臨床実績の入力をしていないため、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができなかった」とのメモを付記してください。

Q1118:Webから書面を出力しようとすると、PDFファイルが出力されません。開くと文字化けしたテキストファイルになっています。保存したファイルの拡張子が「aspx」となっています。どうしたらPDFファイルが出力できますか?(2012/7/9up)
A1118:保存したファイルの拡張子を「aspx」から「pdf」に変更してください。
※拡張子の表示方法
ファイルを保存したフォルダを開く→ツール→フォルダオプション→表示タブ→詳細設定の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す→OKボタンを押す
※拡張子の変更方法
保存したファイルのアイコンを右クリック→名前の変更→ファイル名が四角で囲まれ文字反転するので、一度カーソルを動かして反転を外す。ファイル名最後の「aspx」を消し、「pdf」に書き換える。(aspxの前の「.」は消さない)

Q1119:提出必要書類送付書を送付する必要はありますか。(2012/7/9up)
A1119:はい。申請書類と合わせて送付してください。

Q1120:申請の対象年度以外の臨床実績報告書等が印刷されますが、提出する必要がありますか?(2012/7/9up)
A1120:提出する必要はありません。

Q1121:提出必要書類送付書に記載されている書類送付期限内に書類を提出することができません。どうしたらよいですか?(2012/7/9up)
A1121:10月31日【消印有効】で提出してください。

Q1122:10月31日にWeb申請を行った場合、書類はいつまでに提出すればよいですか。(2012/7/9up)
A1122:10月31日にWeb申請を行った場合、申請書類は10日後の11月10日【消印有効】までにご提出ください。この期限までに申請書類を提出しない場合は、Webで申請した審査会の申請としては認められませんのでご注意ください。

Q1123:会員カードで登録した参加単位を確認するにはどうしたらよいですか。(2012/8/30up)
A1123:「学術単位目録作成画面」でご確認ください。参加登録を受け付けた年次学術集会、支部学術集会、リフレッシャーコース、関連学会の学術集会については名称が表示され、内容も修正できないよう設定しております。これらの単位については証明書の提出は不要です。
年次学術集会についてのみ、Datura内の「会員情報照会画面」で過去の出欠状況を表示しています。「認定情報」をご確認ください。


指導医更新申請

Q2101:「認定申請入力」のボタンを押すと、年会費支払の画面が開きます。年会費を支払う前に認定申請を行いたいのですが。(2012/7/9up)
Q2102:年会費のコンビニ決済を選択すると、Web認定申請が行えません。どうしたらよいですか?(2012/7/9up)
A2101、2102:当該年度までの年会費を支払わずに認定申請を行うことはできません。クレジット決済またはコンビニ決済で年会費を支払ってから、認定申請を行ってください。
コンビニ決済の場合、申込から払込用紙到着までに1週間程度、さらにコンビニ支払いから支払い完了となるまでに1週間程度かかります。認定申請期限間際に申請を行う場合に年会費支払を行う場合は、必ずクレジット決済を行ってください。
年会費支払いの関係で認定申請期限までに申請が行えなかったとしても、一切の猶予措置は講じませんのでご注意ください。

Q2103:Web申請の開始にあたり、何らかの措置はありますか?(2012/7/9up)
A2103:
◆申請方法について
Web申請開始後は、現行と同じ申請書類の提出のみでの申請は受付いたしません。必ずWeb画面からの申請を行い、作成した申請書類を学会事務局宛に郵送して提出してください。
麻酔経歴・職務経歴・臨床実績報告書の証明印については、原則Webから印刷した書面に頂いてください。
◆申請書類の取り扱いについて
職務経歴等の書類について、既に現行の書面で作成している場合は、作成済みの書類をお使いいただけるようにいたします。詳しくは、次の質問でご確認ください。

Q2104:既に麻酔経歴書・職務経歴書に証明印を頂いています。Webから印刷した書面にもう一度押し直してもらう必要がありますか?(2012/7/9up)
A2104:いいえ。その場合はWebから印刷した書面には証明印不要、提出不要です。既に証明印を頂いている書面の写しを提出してください。
※臨床実績を入力していない場合、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができません。その場合は、手書きの麻酔経歴書・臨床実績報告書の写しのみをご提出いただき、提出時に「臨床実績の入力をしていないため、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができなかった」とのメモを付記してください。

Q2105:既に臨床実績報告書を作成しています。Webに入力し直す必要がありますか?(2012/7/9up)
Q2106:JSAPIMS(麻酔台帳)を利用して臨床実績報告書の作成を行います。Webに入力し直す必要がありますか? (2012/7/9up)
A2105、2106:可能であれば入力し直してください。入力が難しい場合は、既に作成済の書類の写しまたはJSAPIMSより出力した書類の写しをご提出ください。
※臨床実績を入力していない場合、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができません。その場合は、手書きの麻酔経歴書・臨床実績報告書の写しのみをご提出いただき、提出時に「臨床実績の入力をしていないため、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができなかった」とのメモを付記してください。

Q2107:既に実績目録を作成しています。Webに入力し直す必要がありますか?(2012/7/9up)
A2107:可能であれば入力し直してください。入力が難しい場合は、既に作成済の書類の写しをご提出ください。

Q2108:1つの病院に所属しながら、複数の病院で研修を行っていたのですが、職務経歴・麻酔経歴はどのように入力すればよいですか?(2012/7/9up)
A2108:職務経歴には、所属していた病院をお書きいただき、印刷した書面にも所属していた病院の証明印を頂いてください。麻酔経歴には、実際に麻酔業務に従事していた病院・診療科をお書きいただき、印刷した書面にも実際に麻酔業務に従事していた病院・診療科の証明印を頂いてください。

Q2109:麻酔経歴画面で、職務経歴画面との同期を行うと、麻酔経歴の修正ができません。また職務経歴の修正もできません。同期後に職務経歴・麻酔経歴を修正するにはどうしたらよいですか?(2012/7/9up)
A2109:同期したままで麻酔経歴・職務経歴の修正はできません。職務経歴と麻酔経歴に少しでも違いがある場合は、麻酔経歴画面の各行にある「同期解除」ボタンを押して、同期を解除してから修正してください。

Q2110:麻酔経歴の画面で、臨床実績入力ボタンが押せません。なぜですか?(2012/7/9up)
A2110:従事状況で「研究のみ」を選択している場合、及び麻酔経歴の期間が申請年度の5年前の4月1日以前である場合は臨床実績の入力不要です。

Q2111:1年間の間に、週3日以上臨床業務に従事していた期間と週3日未満の期間があります。その場合、臨床実績はどのように記載すればよいですか?(2012/7/9up)
A2111:一番少ない日数を選択し、症例数は年間の数字を入力してください。書類送付時に、別紙理由書で、1年間の間に、週3日以上臨床業務に従事していた期間と週3日未満の期間があったことと、いつからいつまでが週何日であったかという詳細を記載して、申請者の署名・捺印と、麻酔科代表者の署名・捺印を付記してください。

Q2112:画面上部に赤字でエラーメッセージが表示されていますが、どの項目にエラーがあるのかが分かりません。 (2012/7/9up)
A2112:エラーになっている入力欄は背景が赤色になっています。画面の大きさによっては隠れている場合がありますので、上下左右にスクロールしてください。

Q2113:審査料はどのように支払えばよいですか?(2012/7/9up)
A2113:申請完了画面に引き続き表示される審査料支払画面からお支払いください。Webからの支払いと郵便振込用紙での支払いが二重で行われた場合、過入金分は年会費に振替させていただきます。

Q2114:Webからの入金と郵便振込用紙での入金をどちらも行ってしまいました。どうなりますか?(2012/7/9up)
Q2115:郵便振込用紙で審査料または登録料を多く支払ってしまいました。どうなりますか?(2012/7/9up)
A2114、2115:過入金分は年会費に振替させていただきます。

Q2116:申請完了後に入力内容に間違いを発見しました。どうしたらよいですか?(2012/7/9up)
A2116:申請が完了するとWebからの変更はできません。手元にある書面の原本を手書きで修正し、訂正印を押してFAXしてください。
訂正印は、下記のとおりとしてください。
・経歴書...個人印
・職務経歴書...施設公印
・麻酔経歴書・臨床実績報告書...麻酔科代表者印
上記と異なる押印の場合(例えば職務経歴書、麻酔経歴書の訂正印として個人印を押印した場合など)は、再度書類の提出をお願いすることになります。
入力内容は審査に関する全ての手続きが完了してから変更が可能になります。変更方法の詳細は、認定証を送付する際にご連絡いたします。

Q2117:麻酔経歴書・臨床実績報告書の出力ができません。なぜですか?(2012/7/9up)
A2117:申請時に臨床実績を入力していない場合、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができません。その場合は、手書きの麻酔経歴書・臨床実績報告書の写しのみをご提出いただき、提出時に「臨床実績の入力をしていないため、麻酔経歴書・臨床実績報告書の印刷ができなかった」とのメモを付記してください。

Q2118:Webから書面を出力しようとすると、PDFファイルが出力されません。開くと文字化けしたテキストファイルになっています。保存したファイルの拡張子が「aspx」となっています。どうしたらPDFファイルが出力できますか?(2012/7/9up)
A2118:保存したファイルの拡張子を「aspx」から「pdf」に変更してください。
※拡張子の表示方法
ファイルを保存したフォルダを開く→ツール→フォルダオプション→表示タブ→詳細設定の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す→OKボタンを押す
※拡張子の変更方法
保存したファイルのアイコンを右クリック→名前の変更→ファイル名が四角で囲まれ文字反転するので、一度カーソルを動かして反転を外す。ファイル名最後の「aspx」を消し、「pdf」に書き換える。(aspxの前の「.」は消さない)

Q2119:提出必要書類送付書を送付する必要はありますか。(2012/7/9up)
A2119:はい。申請書類と合わせて送付してください。

Q2120:申請の対象年度以外の臨床実績報告書等が印刷されますが、提出する必要がありますか?(2012/7/9up)
A2120:提出する必要はありません。

Q2121:提出必要書類送付書に記載されている書類送付期限内に書類を提出することができません。どうしたらよいですか?(2012/7/9up)
A2121:10月31日【消印有効】で提出してください。

Q2122:10月31日にWeb申請を行った場合、書類はいつまでに提出すればよいですか。(2012/7/9up)
A2122:10月31日にWeb申請を行った場合、申請書類は10日後の11月10日【消印有効】までにご提出ください。この期限までに申請書類を提出しない場合は、Webで申請した審査会の申請としては認められませんのでご注意ください。

Q2123:指導実績単位目録の臨床指導実績と医師指導実績はどのように申請すればよいですか。(2012/7/9up)
A2123:臨床指導実績と医師指導実績は、単位数のみ入力が可能です。単位の算出にはそれぞれ「臨床指導実績算定表」「医師指導実績算定表」を参照してください。また、申請に際しては、算定表のコピーを必ず添付してください。(算定表は、各施設の麻酔科責任者が作成する書類で、原則1施設に1枚の書類です。必要な場合は、麻酔科責任者から入手してください。)

Q2124:指導実績単位目録の教育実績と社会活動実績はどのように申請すればよいですか。(2012/7/9up)
A2124:入力画面に従い、必要項目を入力してください。また申請に際しては、証明書類を添付してください。(証明書類については、学会ホームページの申請案内でご確認ください。)

Q2125:会員カードで登録した参加単位を確認するにはどうしたらよいですか。(2012/8/30up)
A2125:「学術単位目録作成画面」でご確認ください。参加登録を受け付けた年次学術集会、支部学術集会、リフレッシャーコース、関連学会の学術集会については名称が表示され、内容も修正できないよう設定しております。これらの単位については証明書の提出は不要です。
年次学術集会についてのみ、Datura内の「会員情報照会画面」で過去の出欠状況を表示しています。「認定情報」をご確認ください。

このページの先頭へ