麻酔科医マンパワー不足に対する日本麻酔科学会の対策案

【2008年08月07日】
社団法人日本麻酔科学会
理事長 並木 昭義

 日本麻酔科学会は、麻酔科専門医を養成し、安全で質の高い麻酔科領域の医療の提供を 命題とし、日々社会貢献に尽力しています。しかしながら、現在、麻酔科専門医の不足が大きな社会問題 となっています。
 当学会としましては、この問題解決へ向けて有効な対策を提案し、広く社会へ明らかにするとともに、その実現へ向けて活動を続けてまいります。
 麻酔科医マンパワー不足に対する日本麻酔科学会の対策案の詳細につきましては、添付資料をご覧ください。

麻酔科医マンパワー不足に対する日本麻酔科学会の対策案

このページの先頭へ