Journal of Anesthesia

Journal of Anesthesia について

Journal of Anesthesiaは日本麻酔科学会の英文機関誌として年6号発行し(2009年までは年4号)、会員の皆様にお送りしています。

1987年創刊、2003年Medline収載、2007年WEB of Science収録、2009年Impact Factor取得の歴史があります。2008年から電子投稿・査読システム(Editorial Manager)を採用しています。

投稿論文の種類には、Original Article, Review Article, Special Article, Clinical Report, Short communication, Letter to the editor, Book and multimedia reviewがあります。多くの投稿をお待ちしています。

cover.jpg

インパクトファクターについて

Journal of Anesthesia(JA)のインパクトファクター(IF*)について、2015年は1.343となり、昨年より0.167増加しました。今後も、IF値の向上に向け、皆様が他誌に論文を投稿される際には、是非とも、本誌掲載論文を参考文献として引用されるようお願いいたします。

*IF:雑誌に掲載された論文が他誌にどれだけ引用されているかというもので、雑誌の国際的貢献度を客観的に評価したものです。

論文投稿について

投稿規定はこちらのページ(http://www.springer.com/medicine/anesthesiology/journal/540?print_view=true&detailsPage=pltci_1933210)より、右メニューの「Instructions for Authors」をご確認ください。

【事前登録義務化】
臨床研究に関して、2009年4月1日施行の厚生労働省「臨床研究に関する倫理指針」には、公開されているデータベース(国立大学附属病院長会議、財団法人日本医薬情報センター及び社団法人日本医師会が設置したものに限る)に臨床研究計画を登録しなければならないとされており、JA誌においても臨床研究の事前登録義務化を明示する事に致しました。このため、下記のように改訂致します。
・2013年4月以降の投稿論文から事前登録を完全義務化とします。
・2013年4月以降の査読に関して、2009年4月以前つまり厚生労働省の義務化以前の研究論文に関しては、倫理員会の承認番号、研究期間を記載してあるときのみ査読を開始します。ただし、査読者又はJA編集部から依頼があれば、倫理理員会の承認日、そのコピーなどの提出が求められる場合がありますのでご注意ください。
・過去のデータを基にした後ろ向き観察研究は事前登録の必要はありませんが、論文中に「倫理委員会の承認を得た」あるいは、「倫理委員会から、倫理委員会の審議は不要との通知を得た」との記載を必要としますので、この点もご注意ください。

論文投稿のマニュアル(PDF)はこちら(http://www.editorialmanager.com/joan/download.aspx?scheme=7&id=17)からご確認ください。

概要及び論文閲覧について

Journal of Anesthesiaの概要はこちら(http://www.springer.com/medicine/anesthesiology/journal/540)からご確認ください。

【Journal of Anesthesiaの論文抄録閲覧】
http://www.springerlink.com/content/103809/?MUD=MP
上記ページより、各論文の抄録の閲覧が可能です。論文全文の閲覧を希望の方は、会員専用ホームページログイン後、右メニューのJournal of Anesthesiaをクリックしてください。

lastupdate20160923