ビー・ブラウンエースクラップ株式会社 ペリフィックス(PCK-869J-1)の不具合について

【2016年11月22日】
公益社団法人日本麻酔科学会
安全委員会

 本学会会員よりビー・ブラウンエースクラップ株式会社 ペリフィックス(PCK-869J-1)について、硬膜外針17Gペリカン針からカテーテルを挿入しようとした際に、カテーテルが挿入できなかったという報告がありました。
 針を抜き体外で針にカテーテルを通そうと試みたところ、カテーテルは挿入できず、新しいカテーテルは、どちらの針でも通過することが可能であったとのことです。

 下記、発売企業からの報告書によりますと、原因については、「現在、海外製造元において調査を実施しておりますが、現時点におきましては原因を特定するには至っておりません」ということです。
 したがって、今後も、同様の不具合が生じる可能性があり、使用中に異常を感じた場合は交換するようにという「注意喚起」がされています。
 企業から新たな報告があり次第、お知らせします。


ビー・ブラウンエースクラップ株式会社 報告書

ペリフィックス添付文書



このページの先頭へ