アコマ・麻酔器のリークテスト不通過

【2017年08月08日】
公益社団法人日本麻酔科学会
安全委員会

<製品名>
アコマ医科工業 全身麻酔器 アコマアネスピレータ KMA-1300Vi/Vs
使用年数  納品時

<事象>
納品時に所定のリークテストが通過しない症状が発生した。呼吸回路ユニットを外して手動/自動の切り替え部分を何度か押した結果、リークは改善した。

<原因>
メーカー分析により、呼吸回路ユニット内のシール材の一部が変形していたため、呼吸バッグアームの高さにより、これを取り付けているブロック内部にわずかな隙間が生じたためと考えられた。
これまでに出荷された900台弱の同機種において同様事例の報告はなく、単体故障と考えられた。

<対応>
新品納品時に発生した事象であり、メーカーは作業、検査工程における確認を強化する。
詳細は報告書をご確認ください。

アコマ社 報告書

このページの先頭へ