GEヘルスケア・麻酔器エイシスの気化器エラー

【2017年11月02日】
公益社団法人日本麻酔科学会
安全委員会

<製品名>
GEヘルスケア社 全身麻酔器 エイシス
使用年数 6年(耐用年数 7年)

<事象>
デスフルラン全身麻酔中、突然アラームが鳴り「気化器エラー」が表示された。気化器を認識しなくなり、デスフルランの濃度調整も出来なくなった。他の麻酔器から外した気化器カセットをセットしても同様に認識しなかった。急遽TIVAに切り替えて麻酔を継続した。

<原因>
ログには「INFLOW CHECK VALVE FAILURE」が記録されていた。回路内の逆流を防止するバルブの不良であり、部品交換で修理対応した。

<対応>
当該製品において「気化器エラー」が表示された場合は、他のアラジンカセットを試すか、他の麻酔方法に切り替える。


詳細は報告書をご確認ください。

GEヘルスケア社 報告書
GEヘルスケア社 修理ご依頼への対応について

このページの先頭へ