JSAPIMS(麻酔台帳)最新バージョン4.0.4リリースと偶発症例調査2012データ提出方法について

【2013年01月08日】
公益社団法人日本麻酔科学会
安全委員会
偶発症例(肺塞栓)WG

JSAPIMS(麻酔台帳)の最新バージョン4.0.4を2012年12月29日にリリースいたしました.
偶発症例調査2012をJSAPIMSのデータにより提出される場合は,お使いのバージョンによって以下の通りご対応ください.

①4.0.4(最新バージョン)をお使いの施設
調査用紙とともにお送りした「JSAPIMS(麻酔台帳)学会提出用ファイルの作成方法」に従い,ファイルを作成して提出してください.
バージョンを変更する必要はありません.

②4.0.3をお使いの施設
調査用紙とともにお送りした「JSAPIMS(麻酔台帳)学会提出用ファイルの作成方法」に従い,ファイルを作成して提出してください.
バージョンを変更する必要はありません.

③4.0.2以下をお使いの施設
調査用紙とともにお送りした「JSAPIMS(麻酔台帳)学会提出用ファイルの作成方法」に従い,2012学会提出パッチをまず適応してください.
その後,作成方法に従いファイルを作成して提出してください.尚,提出前に最新バージョン4.0.4を上書きダウンロードすることができれば2012学会提出パッチはダウンロードせずファイル作成が可能です.その場合は,上記①に従い,ファイル提出お願いいたします.

JSAPIMS(麻酔台帳)最新バージョン4.0.4では,4.0.2および4.0.3で発生していた画面表示の乱れなどの修正がされております.
各施設のシステム環境状況にあわせ,可能な時期に最新バージョンにアップロードしていただくようお願いいたします.
最新バージョンはこちらからダウンロードできます.

今後とも,麻酔ならびに手術の安全性向上のために,より一層のご協力とご支援をお願い申し上げます.

【本件に関する連絡先】
日本麻酔科学会事務局 井上

E-mail:kanri7@anesth.or.jp
TEL: 050-8883-7008 FAX: 078-306-5946

以上