株式会社インターメドジャパン エントラソフトスパイラルチューブ自主回収について

【2013年3月4日】
公益社団法人日本麻酔科学会
安全委員会

株式会社インターメドジャパン エントラソフトスパイラルチューブの内壁が剥離し、内腔側に隆起、内腔狭窄により換気困難になった不具合事象について、2012年6月付、当HPに公開しております。これについて、同社調査の結果、特定の製造時期の製品に同様の事象が発生することが判明し、PMDAとの協議の結果、対象製造ロットにつきまして自主回収が行われることとなりました。

回収対象および詳細は以下の回収の概要からご確認ください。

回収の概要


以上