麻酔を受けられる方へ <2>

麻酔のための準備

麻酔科医の術前(麻酔前)診察

術前診察は、麻酔科医が手術前の患者さんのコンディションを整え、麻酔法や鎮痛法を選択するときに必要な情報を得るために行います。

《診察でよく伺う質問事項》
  • 心臓や肝臓、腎臓、肺、脳などの重要な臓器に持病があるかどうか
  • 現在常用している薬があるかどうか(血圧を下げる薬、糖尿病の薬、血が固まりにくくなる薬、ステロイドなど)
  • 喘息の病歴があるかどうか
  • 鼻血や出血が止まりにくいかどうか
  • アレルギー体質や特異体質があるかどうか
  • 最近、予防注射を受けたかどうか
  • 患者さんご自身やご家族に悪性高熱症の疑いがあるかどうか
  • グラグラしている歯や弱い歯があるかどうか。または義歯をつけているかどうか
  • 首を曲げると肩や腕に痛みやしびれを感じるかどうか
  • 顎を大きく開けることができるかどうか
  • 会話や耳が不自由かどうか
  • 最近、目の手術(白内障や緑内障)を受けたかどうか
  • 妊娠しているかどうか
これらの質問事項には、麻酔の合併症を防ぐために伺う項目が含まれます。
麻酔の合併症については、こちらをご参照下さい。
《麻酔科診察》
必要に応じて、手術前の血液検査やX線写真の結果を説明した後に、聴診や打診、触診を行います。また、口や喉の奥を診たり、脊椎や関節の診察をさせていただくこともあります。

小児では

今までどのような病気にかかったか、現在の症状はどうかなど、保護者の方のお話が重要な情報となりますので、ご協力をお願いいたします。

lastupdate20160210