麻酔を受けられる方へ <4>

麻酔のための準備

麻酔前指示

安全な麻酔のために大切なことなので、必ず指示を守るようにして下さい。

《絶食・絶水》

胃の中に食べ物や水分が残っていると、麻酔中に吐いてしまって、気管の中に入ることがあります。このようなとき、重い肺炎を起こして、命を落とす危険性があります。麻酔を開始する前の一定時間は、食べたり、飲んだりしないように指示がありますので、必ず指示を守るようにして下さい。

《たばこ》
たばこを吸っている方は、手術の後に咳や痰が多くなります。そのため、肺炎を起こしやすくなり、傷の痛みも強くなります。手術が決まったらすぐに禁煙をして下さい。喫煙により手術の後の感染率が高くなります。
風邪をひいて高熱が出たときなど、手術が延期や中止になる場合もあります。

小児では

食事や水分の制限をすると、夜中や朝に「お腹がすいた」、「のどが渇いた」と訴えることが多いですが、安全な麻酔のために指示を守って我慢してもらって下さい。 ただし、最近では手術当日の朝まで、ある程度の経口摂取を認める場合もあります。この場合も指示に従ってください。

lastupdate20160210