麻酔を受けられる方へ <7>

麻酔をして手術を行う

全身麻酔の場合

  • 区域麻酔を併用するときは、こちらもご参照下さい。
《1.麻酔を始めます》

鼻と口にマスクを当てて酸素を吸っていただきます。気持ちをゆったりとさせてゆっくり呼吸をして下さい。意識をなくすためのお薬を点滴にいれると、いつの間にか眠ってしまいます。

《2.呼吸のチューブやマスクを挿入します》

酸素の通り道を確保するために、口からチューブを挿入します。その際、弱い歯やグラグラしている歯があるときには、歯が欠けたり抜けたりすることがありますので、手術前にあらかじめお申し出下さい。

《3.手術が行われます》
手術中は、担当麻酔科医が患者さんの状態と手術の進行状況をみながら、麻酔の深さや人工呼吸の条件を適切に調節して、最適の麻酔状態を保ちます。
区域麻酔を用いないときは、手術の終了に続きます。

小児では

点滴のあるお子様では、点滴からお薬を使って眠ってもらいます。点滴のないお子様では、口に当てたマスクから眠たくなるガスを 吸ってもらいます。これを吸うことにより1~2分程度の間に、完全に眠ってしまいます。この後で点滴を入れることで注射の痛みはありません。 眠っていく過程で一時的にお子様が暴れることがありますが、深い麻酔状態になると自然に治まります。

lastupdate20180622