麻酔を受けられる方へ <12>

麻酔に関連する合併症

全身麻酔でも区域麻酔でも起こりえる合併症

《肺塞栓(そくせん)症》
肺の血管に血栓(血のかたまり)などが詰まり,呼吸困難,胸痛,ときに心肺停止を引き起こす病気です。「エコノミークラス症候群」と同じものです。一旦発症すると死亡する可能性が高い危険な病気です。肺塞栓症が起こる主な原因は,下肢の血の流れがゆっくりになることによって,下肢の静脈に血栓ができること(深部静脈血栓症)です。深部静脈血栓症は,長期間寝たきりの方,血液が固まりやすい病気の方,肥満,妊娠,経口避妊薬(ピル)の服用,下肢の浮腫,心疾患,悪性腫瘍,脳卒中,喫煙者などでは危険性が高くなります。また,腹腔鏡手術,下腹部手術,多発骨折,長時間の手術などで危険性が高くなります。肺塞栓症を防止するため,弾性ストッキング着用,器械による下腿のマッサージなどを行います。

lastupdate20180622