麻酔を受けられる方へ <12>

麻酔に関連する合併症

全身麻酔の合併症・偶発症 ②

《悪性高熱症》
麻酔薬により筋肉が硬直したり、高熱が生じたりするといった危険な状態になる遺伝的な異常で、このような遺伝を持っている人は2万人から6万人に1人程度ときわめてまれです。血縁の方に麻酔でこのような異常反応を起こした方がいれば主治医あるいは麻酔科医に必ずお知らせ下さい。
《肺塞栓症》
多量の血栓(血のかたまり)などが肺の血管に詰まると呼吸困難、胸痛、ときに心肺停止を引き起こすことがあります。これが肺塞栓症で、一旦発症すると死亡率が10〜30%を超える危険な病気です。「エコノミークラス症候群」と同じものです。発生頻度としては0.008〜0.04%程度ですが、これが原因で死亡する頻度は17%(6人に1人)と報告されています。肺塞栓症が起こる主な原因は、下肢血流の停滞(血の流れがゆっくりになること)によって、足の太い静脈にできる血栓(深部静脈血栓)によります。長期間寝たきりの状態、および一時的に動けない状態(手術時)では、膝から足首までの筋肉のポンプ作用が弱っているか、機能が完全に停止していることがあるために血液が固まりやすくなり、この病気が発生しやすくなります。手術後の深部静脈血栓の発生頻度としては 10.8〜31.3%と報告されています。深部静脈血栓が肺塞栓症の原因であった割合は報告により異なりますが10〜70%といわれています。このため、手術中の肺塞栓症を防止する様々な予防法が考案され、実際に使用されています。
【肺塞栓症が発生しやすい方】
  1. 比較的高齢の方
  2. 肥満の方
  3. 妊娠している方、出産経験のある方
  4. 女性でピル(経口避妊薬)を内服している方
  5. 先天的に、または薬物などで血液が固まりやすくなっている方
  6. 心疾患、悪性腫瘍、脳卒中、下肢の浮腫・うっ血・潰瘍などの病歴のある方
  7. 喫煙者
  8. 長期間寝たきりの方
【肺塞栓症が発生しやすい状況】
  1. 特殊な手術:腹腔鏡下手術、下腹部手術(骨盤内操作)、多発骨折
  2. 長時間の手術
【肺塞栓症の予防処置】
  1. 弾性ストッキングの着用
  2. 器械による下腿のマッサージ

lastupdate20170706