麻酔博物館

麻酔博物館
館長 武田 純三

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、4月より麻酔博物館を一時休館しておりましたが、 7月13日(月)より再開をいたします。
来館にあたっては、マスク着用や手指消毒、ソーシャルディスタンスの確保等、 感染防止にかかる対策をとっていただきますよう、よろしくお願いいたします。

麻酔博物館より 寄贈のお願い

公益社団法人 日本麻酔科学会
麻酔博物館 館長

平素より麻酔博物館運営につきまして、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。 麻酔博物館は、2021年に開館10年目の節目を迎えるにあたり、展示内容の更新を行っております。 新規展示のテーマの一つとして、各種モニタが麻酔分野で活躍をはじめた2000年頃の手術室を再現する予定でございます。 つきましては、展示内容更新に使用する以下のモニタ等で、現在ご使用でないものが手術室や実験室の片隅に眠っている場合、 博物館へご寄贈願えますと大変ありがたく存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

ご寄贈依頼物品

BISモニタ:a1000
脳波モニタ:Life Scan EEG monitor
シリンジポンプ:グレスビー3400
NIRS: NIRO 500、NIRO 200(浜松ホトニクス)、INVOS 3100、INVOS 4100
携帯型張音波装置:Sonosite s180
連続心拍出量・混合静脈血酸素飽和度モニタ:Vigilance、Hospira OptiQ、OXIMETRIX3
非観血的心拍出量モニタ:DYNEMO3000(SOMETEC)、Hemosonic 100 Monitor、NICOモニタ7300
ラリンジアルマスクプロシール
ユニベントチューブ
Eschmann tracheal tube introducer

画像(一部)

脳波モニタ、Life Scan EEG monitor

グレスビー3400シリンジポンプ

1998年anesth intensive care の論文より、INVOS 3100(上)NIRO 500(下)

Opti QでCOを計測しOXIMETRIX3で混合静脈血酸素飽和度を計測していたところの写真

こちらも引き続き
ご寄贈をお待ちしております

1977年(昭和52年)発売 ミノルタのパルスオキシメータ1号機 OIXMET METー1471

ご寄贈方法

麻酔博物館ホームページ内、下段にございます寄贈フォームよりお手続き願えますと幸いです。