周術期特定行為研修制度

協力施設申請について

応募要件

次の①-③のいずれの要件も満たす施設であること。
  • 公益社団法人日本麻酔科学会認定病院であること
  • 臨床研修指導者講習会または、特定行為指導者講習会いずれかを受講修了した、指導者が所属していること
  • 演習、実技試験(OSCE)、実習のすべてを自施設で行える施設
  • 指導者1名につき、定員は3名まで

応募期間

毎年12月1日~12月31日、6月1日~6月30日 消印有効
※2020年度4月の申請は、初年度制度設計の関係から申請施設を限定させていただいています。
次回申請につきましては、2020年6月頃ご案内させていただきます。

応募手続き

下記の書類を全て記入し、出願期間内に以下提出先に提出すること。なお、応募に当たって提出された書類は返却いたしません。

提出・問い合わせ先

〒 650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町 1 丁目 5 番 2 号 神戸キメックセンタービル 3 階
公益社団法人日本麻酔科学会 周術期特定行為研修担当窓口 宛
TEL:078-306-5945 FAX:078-306-5946
メールでの問い合わせの場合:https://anesth.or.jp/users/contact

※注意
日本麻酔科学会プログラムを厚生労働省近畿厚生局に申請する時点で、本プログラム開始時に実習等が可能な施設として、 プログラム作成部会の委員所属施設の中から上記2施設を協力施設として登録しております。 日本麻酔科学会が指定研修機関として指定を受けた後、受講希望看護師の所属施設を順次協力施設として登録することにより、 協力病院数に応じて適宜定員数が追加されていきます。